【tdr1767】「レイジングスピリッツ」の石像は売られる予定だった?

ロストリバーデルタのジャングルから見つかった遺跡「レイジングスピリッツ」

火の神と水の神の怒りに触れ、超常現象に見舞われた遺跡として一般に公開されていますが、超常現象が起きる前までは発掘チームによる遺跡の調査が行われていました。

スタンバイ列の進行方向右側に、遺跡の図面などが留められた、発掘拠点と思われる場所があります。

ここには遺跡の本来あるべき姿を描いた図面や、遺跡で見つかった石像のスケッチなど、沢山の資料が留められているのですが、今回注目したいのは右隅に置かれたカメラ上にあるスケッチ。

大きな帽子をかぶった人型のような石像のスケッチが描かれており、その端には・・・

・9 OF THESE SO FAR -THIS ONE MOST INTACT
(これらは9つ-最も無傷なのはこの1つ)

・JOE THINSKS HE MAY HAVE A BUYER FOR THIS ONE!
(ジョーはこの1つに買い手がいるかもしれないと考えている)

という走り書きのメモが見られます。

この内容から察するに、「同様の石像は全部で9つあり、その内の1つがとてもいい状態で、それをジョーが売ろうと考えている」ということが推測できます。

左上には金額がメモされており、「$15,000」「 $12,000」「 $8,000」と徐々に下がっていく金額の上に大きな×印が付けられています。

そして最終価格なのか最後には「 $4,500 FINAL!」と書かれています。おそらくこの金額で石像を売ることにしたのでしょう。

因みにこの石像はこの発掘拠点を過ぎ、右に大きく曲がった先にあります。

横倒しになって崩れてしまっているため、解りづらいですが、9つあるうちの1つとみて間違いないでしょう。

このメモの後、実際にジョーが石像を売ったかどうかは解りません。

ただ、こうした細かいストーリーが設定に深みを持たせ、ゲストの想像をかき立ててくれるわけです。

まさに「冒険とイマジネーションの海へ」というキャッチコピーに相応しい演出ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る