【tdr1096】ディズニーホテルの中で何処が一番広い?

東京ディズニーリゾートには、「ディズニーアンバサダーホテル」「トウキョウディズニーシー・ホテルミラコスタ」「東京ディズニーランドホテル」と3軒のディズニーホテルがあります。(2016年5月時点)

どのホテルも“ディズニーホテル”というだけあって人気が高く、繁忙期は満室状態が続くのですが、これらのホテルの中で“どのホテルが一番延べ床面積が広い”のでしょうか?

※延べ床面積・・・建物の各階の合計床面積のことで、床自体がない部分(吹き抜けなど)やバルコニー先端から2メートルまでの部分、庇、ピロティ、ポーチといった壁で囲まれていない部分は含まない。

各ディズニーホテルの延べ床面積は以下の通り

1位:東京ディズニーランドホテル・・・・・・89,000平方メートル
2位:ディズニーアンバサダーホテル・・・・・47,000平方メートル
3位:東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ・46,000平方メートル

3軒の中では一番新しい「東京ディズニーランドホテル」が一番広く、他2軒の約2倍。このため、部屋数も大きく差をつけており、

東京ディズニーランドホテル・・・・・・705室
ディズニーアンバサダーホテル・・・・・504室
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ・502室

「東京ディズニーランドホテル」が圧倒的部屋数を誇っています。

対して、ディズニーシー内にある「ホテルミラコスタ」は延べ床面積も部屋数も一番少ない結果となりました。

因みに2016年6月1日には新たなディズニーホテルとして「東京ディズニーセレブレーションホテル」がオープン。

これまでのディズニーホテル(デラックスタイプ)とは異なる「バリュータイプ」としての初めてのホテルとなり、注目が集まっています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る