【tdr0748】「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」は映画の後の世界?

2009年4月15日にオープンし、翌年5月1日にリニューアルした東京ディズニーランドの人気アトラクション「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」

映画「モンスターズ・インク」をモチーフにしており、笑いにあふれたアトラクションになっています。

さて、「モンスターズ・インク」といえば作中、子供を脅かし、悲鳴をタンクに詰めてエネルギーにしていましたが、エンディングでは一転して笑い声を集めていましたね。

ファンなら当然の知識ですが、このアトラクションは「映画の後の世界」で、アトラクション外にも “笑い声”に関する演出が施されています。

ひとつはエントランスに掲げられた社訓。

「モンスターズ・インク」の社訓は元々「WE SCARE BECAUSE WE CARE(真心込めて脅かします)」なのですが、エントランスにある社訓は映画の後の世界ということで、「IT’S LAUGHTER WE’RE AFTER(私たちは皆さんの笑いを求めています)」となっています。

そしてもうひとつが、ファストパス発券機。

この発券機には声を集められるエネルギータンクと「Giggle O Meter(笑い声メーター)」が付いており、ここで集めた笑い声が待ち時間ボード上のメーターに表示されるようになっています。

以上のように、アトラクションの内外関係なくこだわった演出をしているからこそ、より「モンスターズ・インク」の世界に足を踏み入れたかのような体験が出来るのでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る