【tdr0104】TDR絶叫系アトラクションをこれ以上ない効率で回る方法

東京ディズニーランドで「絶叫系アトラクションのフルコース」はいかがでしょうか。三大マウンテンを初めとするすべての「絶叫系」を最も効率的に回りきる方法があります。ちょっと考えると無理そうに思えますが、そんなことはありません。「ファストパス」をうまく組み合わせると、可能になるのです。

まずは、ファストパスのルールを頭に入れておきます。

ファストパスは「取ってから2時間後」および「そのファストパスの対象時間の開始時刻」のどちらか早い方まで、次のものを発券できません。

最初に2時間後まで次のものを発券できないようなファストパスを取ると、時間が遅れたり、発券が終了したりすることもあります。これさえ把握しておけば、「東京ディズニーランドの絶叫系アトラクションをすべて」回りきることができます。

1.開園前にしておくこと

ディズニーランドは、開園の数時間前からゲート前で人の列ができているものです。この列は、開園1時間前になると、より伸びていきます。ここではともかく列の前方、できれば最前列にいたいもの。遅くとも開園2時間前にはディズニーランドに行きましょう。

さらにそれより前、前日までには、グループ内で打ち合わせをすませておきましょう。

当日の午前中は、ショーやパレードは後回しにして、アトラクション優先にします。午後はファストパスの発券はありません。

2.まずは「ビッグサンダー・マウンテン」、ただしファストパスだけ

入園したら、グループで一番足の速い人に、全員のパスポートを預けます。そして、その人に「ビッグサンダー・マウンテン」のファストパスを取ってもらうのです。ただし、ディズニーランド全域が「走るのは禁止」ですから、自己責任で・・・。くれぐれも他の人にぶつかったり、転んだりしないように・・・。

「ビッグサンダー・マウンテン」のファストパスを取りに行った人以外は、「スプラッシュ・マウンテン」に移動します。ここはゲートから遠いためにゲストがあまり来ません。特に開園直後はすいていて、比較的スムーズに乗れるのです。

3.「スプラッシュ・マウンテン」から「ホーンテッドマンション」へ

「クリッターカントリー」看板前で合流し、全員が揃ったら「スプラッシュ・マウンテン」に乗ります。乗り終わるころになると、ちょうど、次のファストパスが取れる時間です。すぐに「ホーンテッドマンション」のファストパスを取ってください。

「ホーンテッドマンション」は、優先的にファストパスを発券するゲストが少ないので、それほど苦労せずに取ることができるはずです。

4.ここで「ビッグサンダー・マウンテン」をファストパスで利用します。

5.続いて「スペースマウンテン」。

次のファストパスが取れる時刻になったら、「スペースマウンテン」のファストパスを発券してもらいます。

このように、ファストパスを取るのと、そのパスでアトラクションに乗るのを分散して組み立てると、「絶叫系フルコース」が出来上がるのです。

それと、知らない人は最近少ないと思いますが、東京ディズニーリゾートには「シングルライダー」制度があります。希望するときは入り口のキャストに申し出ます。対象は「スプラッシュマウンテン」「レイジングスピリッツ」などに限られていますが、とにかく早く何回も乗りたいという人にはお勧めです。

混雑の程度にもよりますが、スタンバイが120分待ちのところ、15分で乗ることができたケースもあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る