【tdr0069】ジャック・スパロウが身につけている指輪は私物だった?

世界各国にあるディズニーパークの人気アトラクション「カリブの海賊」をモチーフに取り入れたジョニー・デップ主演の映画といえば「パイレーツ・オブ・カリビアン」。

当初、「アトラクションが原作」ということや「海賊映画は当たらない」というジンクス、「ジョニー・デップ主演の大作が殆どなかった」という現状からヒットしないといわれていましたが、興行収入が全米で約3億500万ドルと大ヒットを記録しました。

出演している俳優たちの素晴らしい演技はもちろんですが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」を語る上で外せないのは、やはりジョニー・デップ演じる「ジャック・スパロウ」。彼の独特な佇まい、ゆらゆらと揺れながら指を動かす、あの立ち姿はかなり印象強いですよね。

さて、そんなジャック・スパロウですが、彼の指元は結構な頻度でスクリーンに映し出されるため、両手の指にはめられたいくつかの指輪に目がいくかと思います。 その指輪の中の1つ、右手にはめられた緑石の指輪に注目してください。

なんとこの緑石の指輪はジョニー・デップの私物なのです。しかも、購入したのは1989年。「パイレーツ・オブ・カリビアン」が公開されたのが2003年ですから、14年も前に購入したものが映画に使われたということになります。

ちなみに購入した理由が「雑誌撮影のため」だったそうで、中古ショップで購入したものとのこと。

たまたま買った指輪が「パイレーツ・オブ・カリビアン」の世界観にマッチし、ジャック・スパロウのアイテムとしてレプリカまで作られるようになるとは、当時のジョニー・デップは思いもしなかったでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る