【tdr0620】少女から老後までを描いた感動作!東京ディズニーリゾートのCM

毎年、イベントやキャンペーンに合わせてTVCMを放送する東京ディズニーリゾート。どのCMも楽しさ溢れ、行きたくなる気持ちが高まるCMになっていますよね。

そうした消費者の気持ちをつかむCMが多い中、2012年に放送されたアニメ調のCMが話題を呼びました。

そのCMとは一人の少女の人生を描いたもの。

**********

お父さんと手をつなぎ、初めて訪れたディズニーランド。

ポップコーンを首から下げて嬉しそうに笑う5歳ぐらいの少女は、小学生、高校生へと成長。

二人の友達と「イッツ・ア・スモールワールド」の前でチュロスを食べていると、運命の男性と出会い、ディズニーランドでデートを重ね、ついには「シンデレラ城」の前で結婚。

女の子に恵まれ、親子三人で見上げた花火を、老後になっても夫と眺める・・・。

**********

ディズニーランドなしでは語れない、幸せな時間を描いた素敵なCMでした。

このCMは国内にとどまらず、海外でも称賛されました。

確かに一生がディズニーランドに詰まっているなんて、感慨深いですよね。

東京ディズニーランドが開園したのは1983年。

今後、このCMの少女のように、少女から老後までをディズニーで彩る方が出てくることでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る