【tdr0550】スペース・マウンテンに宇宙飛行士が乗り込んだ?

アメリカのアナハイムとフロリダ、日本、フランス、香港と、全てのディズニーパークに存在する大人気アトラクション「スペース・マウンテン」。

日本では、東京ディズニーランド開園と同時にオープンし、「ビッグサンダー・マウンテン」と「スプラッシュ・マウンテン」を含む「三大マウンテン」として親しまれていますね。

宇宙空間を模した暗闇の中をすり抜ける、あの何とも言えないスリリングな体験は病みつきになる人も多いのでないでしょうか。

さて、「スペース・マウンテン」と名がつくものですから、近未来的なイメージがあって、アトラクション自体に古さを感じませんが、実は結構昔からあるアトラクション。

上記に述べたように、日本では東京ディズニーランド開園時の1983年オープンですが、初登場はさらに前の1975年1月15日。アメリカ合衆国フロリダ州にある「マジック・キングダム」で初披露されました。

なんとデビューから40年経つのです。意外ですよね。

そんな意外と歴史深い「スペース・マウンテン」のお披露目には多くのゲストが集まったのですが、その中には宇宙と深い結びつきのある、歴史的偉業を成し遂げた人物の姿もありました。

その人物とは、「ジェームズ・アーウィン」

名前だけではピンと来ないかもしれませんが、彼は本物の宇宙飛行士で、驚くべきことに1971年7月26日にアポロ15号で月面着陸に成功した人物なのです。

まさか「スぺース・マウンテン」の待ち列に本物の宇宙飛行士が現れるなんて思いもしませんよね。

因みに、「スペース・マウンテン」を体験した彼は、その面白さから感動したといわれています。本物の宇宙飛行士が面白さを認めた、というのは良い宣伝文句ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る