【tdr0549】東京ディズニーランドとマジック・キングダムのシンデレラ城の秘密

東京ディズニーランドのシンボルといえば、シンデレラ城ですね。ロゴにも多用され、「東京ディズニーランド=シンデレラ城」といったイメージが深く浸透しているかと思います。

さて、このシンデレラ城は実はコピーだということをご存知ですか?

もとはアメリカ合衆国フロリダ州にあるディズニーパーク「マジック・キングダム」のシンデレラ城が原型。

原型とコピーの間柄ですから、当然、東京ディズニーランドとマジック・キングダムのシンデレラ城には共通点が多くあります。

しかし、1箇所大きな違いが隠されています。

その大きな違いとはシンデレラ城の「高さ」

東京ディズニーランドのシンデレラ城は約51メートル、そして、マジック・キングダムのシンデレラ城は約56メートル。およそ5メートルも高さに違いがあるのです。詳細にコピーし、建設したにも関わらず、何故高さにこれだけの違いが生じたのでしょうか?

実は敷地面積が関係します。

東京ディズニーランドは今でこそ東京ディズニーシーとの2パーク体制になりましたが、もとは1パークで、敷地面積もアメリカに比べれば劣ります。

そして、マジック・キングダムのある「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」は「エプコット」、「ディズニー・アニマルキングダム」、「ディズニー・ハリウッドスタジオ」と、全部で4パークもある広さを誇った巨大施設群。

広さがあるということは、距離感も伸びるということですよね。

だからこそ、離れたところでもシンデレラ城が見えるようにと高めに設計しており、東京ディズニーランドでは、その必要がないから低めの設計に代えられた、というわけです。

何事もバランスが大切。

東京ディズニーランドにおける綺麗なシンデレラ城の高さが51メートルというだけのこと。別に両者に優劣をつけているわけではありませんので、ご安心を。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る