【tdr0823】アクアトピアの水量は季節によって違う?

東京ディズニーシーのポートディスカバリーにあるライド型アトラクション「アクアトピア」

3人乗りのビークルに乗って、水の張られたコースを進む、夏にうってつけのアトラクションです。

ランダムに進む予測不可能な動きと、屋外だからこそ味わえる爽快感、そして浴びる水しぶきが人気のアクアトピアですが、夏場と冬場で“ある違い”があるのをご存知ですか?

その違いとは「水量」

実はアクアトピアの水量は夏場に多く、冬場は少なくなるように設定されているのです。

夏場に水量が多い理由は、「涼を感じるため」

多少、水に濡れても涼しく感じられますし、この季節は服も乾きやすいので、水量が多くても問題ありません。

反対に、冬場に水量が少ない理由は、「体を冷やさないため」

冬は気温が下がり、北風が強くなる季節。この時期、水に濡れると外気で体が冷えてしまい、風邪をひきかねません。

そのため、水量を減らして調整しているわけです。

季節に合わせてゲストを配慮した演出は流石ディズニー、素晴らしいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る