【tdr1714】「タワー・オブ・テラー」の掲示板には何が書かれている?その2

東京ディズニーシーにそびえ立つ、T字型の独特な姿をしたアトラクション「タワー・オブ・テラー」

シーの定番中の定番であるアトラクションであり、練りに練られた設定と物語が魅力でもあります。

さて、そんな大人気アトラクションのスタンバイ列には3つの掲示板が設置されており、いかにして恐怖のタワーと呼ばれるに至ったかを知ることが出来ます。

今回はその3つの掲示板について解説していきたいと思います。

——————————————————–

1つ目の掲示板(入口側)

掲示板背面
「The NEW YORK CITY PRESERVATION SOCIETY
OFFERS for your EDIFICATION & ENLIGHTENMENT
A GUIDED TOUR of the MYSTERIOUS
HOTEL HIGHTOWER “TOWER Of TERROR”」

意訳
「ニューヨーク市保存協会はあなたに正しい知識を与え、理解させるための、ミステリアスなホテルハイタワー“タワー・オブ・テラー”のガイド付きツアーを提供しています」

表面の内容
・ハイタワー三世がアフリカから帰還したことを知らせる記事
・ハイタワー三世が世界各国で美術品を集めてきたことを伝える写真やイラスト

2つ目の掲示板(真ん中)
「The NEW YORK CITY PRESERVATION SOCIETY PROUD CONSERVATOR of NEW YORK’S FINEST ARCHITECTURAL LANDMARKS CELEBRATESTHE LEGACY of HARRISON HIGHTOWER」

意訳
「ニューヨーク市保存協会はハリソンハイタワーの遺産をニューヨーク最高級建築のランドマークとして祝う」

表面の内容
・ホテルハイタワーグランドオープン時の内容の記事
・グランドオープンの宴会メニュー
・解雇された設計者との写真やホテルのスケッチなど

3つ目の掲示板(入口から一番奥)
「THE HOTEL HIGHTOWER A PARADIGM OF ARCHITECTURAL EXCELLENCE. “TOWER Of TERROR” A BAFFLING MYSTERY of EPIC PROPORTIONS Tours Daily The NEW YORK CITY PRESERVATION SOCIETY」

意訳
「ホテルハイタワーは時代を卓越した建築物です。恐怖の塔には不可解な、壮大なスケールの謎があります。ツアーは毎日開催中です。ニューヨーク市保存協会」

表面の内容
・ハイタワー三世がホテルから失踪したことを伝える記事
・ハイタワー三世らがシリキ・ウトゥンドゥの公開している写真や事故が起きたエレベータに残されたシリキと帽子の写真など

——————————————————–

以上から解るとおり、3つの掲示板は入口から奥へと歩を進めていく流れに合わせて、時系列ごとに纏められています。

1枚目はアフリカから帰還した時のエピソード、そして2枚目はホテルオープン、3枚目は失踪・・・とこれだけでハイタワー三世がどのようにしてシリキを手に入れ失踪したのか解るようになっているのです。

新聞の内容は全て英字ですから、細かな文章まで理解することは難しいと思いますが、見出しや写真だけでも理解すればタワー・オブ・テラーの世界観に浸れること間違いなし。

皆さんも是非、掲示板に目を向けてみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る