【tdr0458】クリスマスが過ぎてもクリスマスイベントをしていた?

東京ディズニーランド開園から30年以上続けてきた歴史あるイベント「クリスマス・ファンタジー」

その期間は11月上旬から12月25日の約2か月と長く、一年を締めくくる大きなイベントとなっています。

しかし初めから長期のイベントだったわけではなく、1990年までは12月から、1990年から1997年の間は11月中旬からのスタートと、短いイベントでした。

現在のように11月上旬から行われるようになったのは1997年以降の話なのです。

少し、意外ですよね。

さて、意外と言えば、「クリスマス・ファンタジー」の最終日の話です。

アナハイムでは1月上旬までクリスマスイベントが行われますが、日本ではクリスマス当日である12月25日が最終日として定着していますよね。

しかし、開催当初は定着どころか、25日以降に終わることもあったのです。

1988年:12月1日~12月29日
1992年:11月28日~12月27日
1993年:11月25日~12月26日

上記のように、クリスマス当日から数日過ぎてもイベントを行っていました。「クリスマス・ファンタジー」最終日が12月25日で固定されたのは1994年から。

大半の日本人は、クリスマス当日にクリスマス気分を味わう、あるいは大切な人と一緒にいることがメインであって、クリスマスが過ぎれば次のイベントであるお正月にシフトチェンジしてしまう傾向があります。

25日にピッタリとイベントが終わった方が日本人向き、と言えるかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る