【tdr1223】ディズニーランド、プレオープン日の最初のゲストは誰?

1223

1955年7月17日、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス近郊アナハイム市にウォルト・ディズニーの夢と希望が詰まった「ディズニーランド」がプレオープンしました。

この日は多くの報道陣が押し寄せ、ハリウッドスターに有名人、3万5,000人ほどのゲストが集まり、大混乱。トラブルも重なり、後に「ブラック・サンデー」と呼ばれるほど、それはそれは悲惨なオープン日となりました。

さて、そんな「ブラックサンデー」となったプレオープン日は招待されたゲストのみがインパークできたわけですが、一番にエントランスを抜けたゲストは一体どのような方だったのでしょうか?

夢の国、最初のゲスト・・・それは二人の子供でした。

一人は5歳のクリスティーン・ヴェス。そしてもうひとりは、そのいとこで7歳のマイケル・シュワルツナー。二人揃ってエントランスを抜け、記念すべきゲスト第一号となったのです。

オープンから60年以上経ち、今なお多くのゲストから愛されているディズニーランド。

最初のゲストとなった二人の子供にとって、当時はなんてことのない出来事だったかもしれませんが、今となっては周囲に自慢できるいい思い出になっているのでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る