【tdr1652】超危険!トゥーンタウンの花火工場

ディズニーキャラクターたちが住む街「トゥーンタウン」

トゥーン達によるハプニングやトラブルが尽きないこの街で“危ない場所”はやはり「花火工場」でしょう。

火薬を扱う場所なので、本来ならしっかりと管理されてなければいけない花火工場なのですが、トゥーン達のやることは大ざっぱなため、花火工場の付近はいつもトラブルが起きています。

今回はそんな花火工場に関係する見所をご紹介します。

起爆装置を押すと・・・
工場の前に設置されている、両手で押すタイプの起爆装置を押すと工場内の花火が爆発し、煙が上がります。(不発のときもあります)

起爆装置を外に放置している時点で、この工場に“安全”という言葉はなさそうです。

暴発した花火
工場の壁には沢山の花火が付き出ていますが、ここから飛び出した花火は近隣にも被害を与えており・・・

近くのパーキングメーターやセーフ・カンパニー(金庫屋)の窓にも突き刺さっています。

セーフ・カンパニーの金庫
暴発した花火がセーフ・カンパニーの窓に直撃した際、金庫をつるしていたロープが切れるというハプニングが起き、地面にはその時の金庫がめり込んでいます。

一見するとはた迷惑な話ですが、金庫そのものは壊れていなかったため、「2階から落ちても壊れない」ことを証明することになりました。

騒がしい花火工場の隣は消防署
毎日爆発騒ぎを起こしている花火工場。ボヤ騒ぎの度に出動する手間を省くために、消防署が隣接されてます。

消防署員の活躍で全焼などの大惨事にならず済んでいるようです。

ただそこに花火工場があるだけではなく、周囲を巻き込んだ設定作りがされているあたり、流石ディズニーですよね。

トゥーンタウンには他にもジョークやギャグが沢山つまっていますので、是非皆さんも探してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る