【tdr1585】「日付指定券限定入園日」2017年度は導入なし!?

2016年10月から導入されていた「日付指定券限定入園日」制度。

東京ディズニーランド・シーで販売されている日付指定のないチケット(オープン券)での“該当日のインパークを制限する”制度で、1デーパスポートやマルチデーパスポートなどの日付指定券と年間パスポート、入園保証のあるパークチケットでなければインパークすることが出来ないようになりました。

1年の間、好きな日にインパーク出来ることが魅力だったオープン券の魅力が半減することとなったわけですが、一転して東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドは驚きの発表をしました。

なんと、2017年1月から2018年3月31日までの間、この制度を実施しないことを公式サイト上で発表したのです。

これにより、2017年度はオープン券で好きな時に入園することが出来ることが確定しました。・・・とはいえ、入園制限中に限ってはオープン券で入園することは出来ませんので、ご注意を。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る