【tdr0156】ディズニーリゾートのメニューに、ないものはありません

0156

ディズニーリゾートといえば、楽しいショーにスリリングなアトラクションですが、魅力はただそれだけではありません。

日常を離れた特別な雰囲気の中で楽しむ、美味しいメニュー。オリジナリティあふれる洗練されたレストランの数々も、忘れるわけにはいきません。

そうはいっても、ディズニーリゾートのレストランは、手の届かない高級イメージ。きっとお高いメニューばかり、と思い込んでいる人も多いと思います。

そこで、まずはディズニーリゾートの美味しさはそのままに、1000円以下で楽しめるメニューからご紹介します。

1000円以下メニューで特におすすめなのが、ハンバーガーショップの「ケープコッドクックオフ」。

ダッフィーファンにはたまらないお店です。なぜなら、食事のみの席のほかに、ダッフィーのショーが見られる席があるから。たとえば、チーズハンバーガーとポテトとドリンクで760円。ふだん食べているハンバーガーのお店と変わらないお値段で、ディズニーランドならではの美味しさと、ショーも楽しめます。

明るいテラス席で軽食を楽しめるのが「マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー」。

パンのバラエティが豊富で、目移りするくらい。クロワッサンなら190円、アップルカスタードデニッシュなら330円と、どれもお手ごろ。ソフトドリンクもすべて300円以下です。

海底レストランがテーマの「セバスチャンのカリプソキッチン」は、マーメイドラグーンにあり、食事はもちろん、幻想的な雰囲気も楽しめます。ホタテクリームコロッケサンドのセットなら、960円。フレンチフライポテト、レギュラーサイズのソフトドリンクもついてきます。

おいしいワインと良質のオリーヴオイルが自慢のイタリアン・レストランが、「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」。価格がお手ごろだけでなく、スパゲッティやピッツァのメニューが充実しています。

一方、ミステリアスアイランドの「ノーチラスギャレー」は、隠れ家っぽい独特のムードいっぱいのテラス席。潜水艦ノーチラス号の勇姿を眺めながら、アルコールを楽しめます。

フードメニューは、餃子とチキンの2種類なのですが、メニューを絞っているだけあって、味もボリュームも抜群。ここのチキンは格別に美味しいと、口コミで大評判になっているほどです。

さらにおすすめなのが、お手ごろなソフトドリンクはもちろん、ビアカクテルや生ビールが美味しいこと。大人向けのお店といえるかもしれません。

また、世界中の料理が食べられる「セイリングデイ・ブッフェ」はバイキング方式。ディズニーシーのブッフェレストランは、ここ一つだけなのです。ちょっと予算は高めなのですが、ソフトドリンク無料ですし、ロースとビーフをはじめ、世界中の料理が盛りだくさん。

食事の時間制限はあったりなかったり、その日の混雑ぶりによります。

でも、いつもほとんどのゲストが60分くらいで食事を終えるので、わりと早く席に案内してもらえるレストランだそうです。

いろいろなタイプのレストランをご紹介しましたが、いかがでしょうか。

ディズニーリゾートでの食事は、気軽な軽食から世界中のメニューが並ぶ豪華なバイキングまで、ありとあらゆるタイプのメニューが揃っています。

ディズニーリゾートのメニューにないものはない、と言ってもいいかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る