【tdr0108】夏の東京ディズニーランド、職場へのおみやげは?

0108

夏休みには東京ディズニーランド。

とくれば、子供たちには最高の思い出となることでしょう。大人の私たちとしては、アベノミクスの好景気を利用して海外旅行といきたいものですが、子供たちには、アベノミクスとか景気とか、なんのことだか、わかんないですものね。

子供連れでの海外旅行の準備の大変さも考えると、だんだん腰が引けてきてしまいます。

そこで、日本国内の「夢の国」に行きましょう、という発想になってきます。

「国」だけど日本国内なので、パスポートを取得しなくていいし・・・。

子供連れでも海外旅行ほど大変じゃないし・・・。

大変じゃないどころか、東京ディズニーランドなら、子供連れにはいたれりつくせり。子供連れにとって、こんなに快適なテーマパークはありません!そうして大人の私たちも結局、夏休みはディズニーランドに、となるのです・・・。

とはいえ、東京ディズニーランドも、海外旅行同様、たまにしか行きませんから、職場におみやげを買っていかなくちゃ・・・となるのは当然です。

でも、意外とこれが高い。

職場の人数が頭にありますから、箱に表示されてる「何個入り」ばかり見てしまう・・・。

これなら職場の人数に足りると思ったものの、値段を見て、あきらめたりとか、ありませんか。どこかで見たようなお菓子なのに、キャラクターがついているだけで、うっかり買うと、高くつく。

缶入りのチョコは好き嫌いが少ないので職場には無難ですが、真夏の暑い時期は溶けそうで困るし・・・。

クッキーやバームクーヘン、フィナンシェなどは、数があまり入っていないから、何箱も買わないといけない。それに、チョコやクッキーは、ディズニーランドに行った人全員が買ってくる、定番中の定番。同じようなチョコやクッキーがしょっちゅう、職場に置いてあったり、職場で配られたりしていませんか。

そこでおすすめしたいのがポップコーン。イベントや季節によって、たくさんのバリエーションがあります。

ちなみに、ポップコーンバケットが初めて登場したのは、1998年の東京ディズニーランド開園15周年のとき。以来、約150種のポップコーンバケットが販売されているそうです。多くの方が「ディズニーランドに行った人は、チョコかクッキーを買ってくる」と思っているため、意外とウケたり、喜ばれたりします。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る