【tdr0694】世界には「クラッシュ」の他にもディズニーキャラと会話が出来るアトラクションがある?

2009年10月1日、東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロント「S,S,コロンビア号」の船尾にオープンした参加型アトラクション「タートル・トーク」がオープン。

東京ディズニーリゾートで初めてディズニーキャラクターと会話が出来るアトラクションとして、大きな話題となったのは記憶に新しいかと思います。

会話相手は映画「ファインディング・ニモ」に登場する海ガメ「クラッシュ」

大きなガラス窓を思わせる巨大スクリーンに映るクラッシュと自由に会話が出来、毎回違う面白さが味わえるため、リピーターの多いアトラクションです。

さて、この「タートル・トーク」は東京ディズニーシー以外にも、「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」、「エプコット」にも存在していますが、実は世界のディズニーパークには“他のディズニーキャラクター”と会話が出来るアトラクションがあります。

そのひとつが「モンスターズ・インク・ラフフロアー(Monsters, Inc. Laugh Floor)」

映画「モンスターズ・インク」に登場する「マイク・ワゾウスキ」や他のモンスター達と会話が出来る参加型アトラクションです。

このアトラクションがあるのは「マジック・キングダム」のみ。

レアなアトラクションといえますね。

そして、もうひとつが「スティッチ・エンカウンター(Stitch Encounter)」

映画「リロ・アンド・スティッチ」に登場する「スティッチ」と会話が出来る参加型アトラクションで、「香港ディズニーランド」と「ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク(スティッチ・ライブ!/Stitch Live!)」で導入されています。

因みに、この「スティッチ・エンカウンター」は、2015年7月17日に東京ディズニーランド「キャプテンEO」跡地でオープンされるそうです。

スティッチファンは勿論、ディズニーファンなら嬉しいニュースですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る