【tdr1217】「ワンス・アポン・ア・タイム」に掛かった開発期間はどれくらい?

1217

2014年5月29日から開催され、人気を集めている東京ディズニーランドのナイトショー「ワンス・アポン・ア・タイム」

シンデレラ城をキャンバスに繰り広げられる壮大なプロジェクションマッピングは圧巻そのもの。開発に約20億円もの巨費を投じているだけあってか、シンデレラ城で描かれる物語は見応え抜群です。

さて、この「ワンス・アポン・ア・タイム」に掛かったのはなにもお金だけではありません。

開発そのものにかかる期間も相当長いものでした。

一体、どれくらいの歳月を費やして開発されたのかといいますと・・・その期間はなんと2年!

2年もの間、アメリカのCGスタッフが開発をすすめ・・・何度も何度もシンデレラ城をキャンバスに実証を重ね・・・やっとのことで、この夢のようなナイトショーが完成したのです。

プロジェクションマッピングはプロジェクターの配置は勿論、投影する映像の調整、計算など、様々な部分で合致しなければ成り立たないエンターテイメント。

納得のいく仕上がりになるまで大変な苦労を重ねたことでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る