【tdr0691】「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」の船には名前が付いている?

691

東京ディズニーシーの蒸気船アトラクション「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」

メディテレーニアンハーバー、アメリアンウォーターフロント、ロストリバーデルタの3か所に行き先が異なる乗り場があり、パーク内の各所をめぐります。

このアトラクションで使用される船は全部で13隻。

その船体は赤、黄、緑、青、水色の5色に塗り分けられており、これらの船体には探検家・航海家の名前が記されています。

【赤】

○フランシス・ドレーク(FRANCIS DRAKE)
エリザベス朝イングランドの航海者。イングランド人初の世界一周を達成。

○ポンセ・デ・レオン(PONCE DE LION)
スペインの探検家。ヨーロッパ人初と言われるフロリダまでの航海を行う。

○ネリー・ブライ(NELLIE BLY)
アメリカのジャーナリスト。リポートのため、単独で世界一周旅行を行った最初の女性。

【黄】

○モリー・ブラウン(MOLLY BROWN)
アメリカのソーシャライト、女性活動家。タイタニック号沈没の生存者。

○マルコ・ポーロ(MARCO POLO)
ヴェネツィア共和国の商人・冒険家。「東方見聞録」の元となる内容を口述した人物。

【緑】

○ヘンリー・ハドソン(HENRY HUDSON)
イングランドの航海士・探検家。北アメリカ東海岸やカナダ北東部を探検した人物。

○ジョン・スミス(JOHN SMITH)
イギリスの軍人、船乗り。バージニアの川やチェサピーク湾、アメリカ北東部を探検した人物。

○セバスチャン・カボット(SEBASTIAN CABOT)
イギリスの航海者。北アメリカ大陸の発見者のうちの一人。

【青】

○キャプテン・クック(CAPTAIN COOK)
イギリスの海軍士官、海洋探検家・海図製作者。壊血病による死者を出さないで世界周航を遂げた初の人物。

○アメリゴ・ヴェスプッチ(AMERIGO VESPUCCI)
イタリアの探検家・地理学者。カリブ海沿岸やブラジル北岸、南米北東部沿岸などを探検した人物

【水色】

○ジャック・カルティエ(JACQUES CARTIER)
フランスのケルト系民族ブルトン人の探検家。セントローレンス湾とセントローレンス川岸にヨーロッパ人としてはじめて到達し、その土地に「カナダ」と名付け記述した人物。

○アドミラル・ピアリ(ADMIRAL PEARY)
アメリカの探検家。西洋人で初めて北極点に到達したとされる人物。

○レイフ・エリクソン(LIEF ERICKSON)
アイスランド出身のノルマン人航海者。ヨーロッパ大陸から海を渡り、初めてアメリカ大陸に到達したと伝えられている人物。

どれもこれも歴史的な活躍をした方たちばかり。

中にはタイタニックの生存者である「モリー・ブラウン」といった、探検家・航海家ではない人物も含まれていますが、「船にまつわる歴史的な人物」という括りで考えれば、おかしくないラインナップです。

ちなみに、アトラクションのライドに名前が付いているものは他にもあります。

○ウエスタンリバー鉄道の4車両に「アメリカにある河川の名前」
○ジャングルクルーズのボート13隻に「川の名前」+「女性の名前」
○カリブの海賊のボート45隻に「女性名」

など、アトラクションごとに統一したテーマで名前が付けられています。アトラクションを楽しむ際は、自分の乗るライドを観察してみるのもいいかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る