【tdr0975】「ジュビレーション!」と「ハピネス・イズ・ヒア」の意外な共通点

東京ディズニーランド開園25周年を記念し、2008年4月15日から2013年4月5日まで実施されていたデイパレード「ジュビレーション!」

そのデイパレード枠を引き継ぎ、2013年4月15日から、東京ディズニーリゾート開業30周年を記念したアニバーサリーイベント「ザ・ハピネス・イヤー」に合わせてスタートした「ハピネス・イズ・ヒア」

どちらも迫力満点のデイパレードとして人気ですが、この2つには驚くべき共通点があるのです。

実は「ジュビレーション!」と「ハピネス・イズ・ヒア」で使用されている楽曲は曲調は違うものの、同じ作曲家が携わっているのです。

その作曲家とは「マーク・ハモンド」

東京ディズニーランドや東京ディズニーシーなどで使用される楽曲を作曲・編曲している人物です。

因みに東京ディズニーシーのハロウィーンイベントで使用された「ミステリアス・マスカレード」の編曲を担当したのも、マーク・ハモンド氏。

これまた曲調は違いますが、どれも魅力的な楽曲に仕上がっています。

今後、どのような楽曲を手がけるのか、注目ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る