【tdr0599】カスバ・フードコートでは昔「カリーブッフェ」が行われていた

0599

東京ディズニーシーには「アラビアンコースト」というテーマポートがあります。

ディズニー映画「アラジン」に登場するランプの魔人「ジーニー」の魔法で生み出した世界「アラビアンコースト」

アラビアンナイトの世界を彷彿とさせる東京ディズニーシーのテーマポートです。

そして、アラビア感あふれる世界での食事で外せないのが「カスバ・フードコート」というカウンターサービスタイプのレストラン。

カリーやタンドリーチキンといったアラビア料理を扱っており、「本格的だけど日本人の舌に合わせた味」を楽しむことが出来る人気のレストランです。

特に人気なのはカリーで、グランドメニューにあるカリーは3種類。

カリー(チキン・ビーフ・シュリンプ)にライスとナンをつけたセットはカレー好きにはたまらない一品になっています。

そんな人気の「カスバ・フードコート」ですが、以前はカウンターサービスだけでなく「カリーブッフェ」も行っていました。

2004年12月から2010年2月までの間、不定期で行われていた「カリーブッフェ」

扱っていたカリーの種類は現状の倍の6種類ほどあり、定番のビーフはもちろん、キーマカリーやベジタブルカリーなどもあり、サイドメニューも豊富に取り揃えていました。

好きなカリーや普段食べることのできないアラビア料理を好きなように組み合わせて食べることが出来るため「カリーブッフェ」は毎回大好評・・・でしたが、残念なことに現在は行われていませんし、今後復活の目途もありません。

「カリーブッフェ」を惜しむゲストも大勢いますから、是非ブッフェスタイルを復活させてほしいものですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る