【tdr0003】成長すると使える「チャレンジャー証明書」とは?

東京ディズニーリゾートではディズニーパーク内において一般ゲストよりも早くアトラクションの搭乗することができる「優先券」のようなものがいくつかあります。

ひとつは「ファストパス」。これがあれば、基本優先されるためアトラクションをスムーズに回ることができますが、事前に手配する必要があり、必ず入手できるものではありません。そして、もうひとつはアトラクションが何らかの原因で停止し、復旧する目途が立たない場合において発券されるもの。これは上記の「ファストパス」よりも優先力が強い券になります。さらに、「チャレンジャー証明書」なるものが、この部類に含まれます。さて、「チャレンジャー証明書」とは一体どんなものなのか、ご存知ですか?

アトラクションにはそれぞれ、安心して搭乗するために身長制限が定められており、子どもの身長が足りない場合は残念ながら乗ることができないようになっています。子どもからしてみれば、身長が足りないことで楽しめないわけですから、いい気分はしませんよね。そんなときに配布されるのが「チャレンジャー証明書」なんです。

この「チャレンジャー証明書」は、「次に東京ディズニーリゾートに来園し、成長して身長が足りていた場合にのみ」優先的にアトラクションへ案内される、という証明書になっています。「今回は駄目だったけど、次またチャレンジしてね」というわけですね。

ちなみに、「チャレンジャー証明書」はアトラクションごとに用意されています。東京ディズニーランドにある「スペース・マウンテン」の場合ですと、「未来のスペース・マウンテン宇宙飛行士証明書」を貰うことができ、ミッキーマウスのサインと「もうすこし大きくなったら君も乗れるよ。そのときこの証明書をスペース・マウンテンのキャストに見せてね」という内容が書かれています。

身長が足りず「ガッカリした子ども」のためにも、このような配慮があるとは流石ディズニーですね。しかし、当事者の子どもがガッカリしないためにも、事前に身長制限については調べておく必要があるかと思います。

以下、身長・年齢制限についてまとめましたので参考までにご覧ください。

≪東京ディズニーランド≫

○ガジェットのゴーコースター(3歳以上、身長90cm以上)
○スプラッシュ・マウンテン(3歳以上、身長90cm以上)
○スター・ツアーズ(身長102cm以上)
○スペース・マウンテン(身長102cm以上)
○ビッグサンダー・マウンテン(身長102cm以上)
○グランドサーキット・レースウェイ(身長132cm未満の場合、保護者同乗が必要)

≪東京ディズニーシー≫

○インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮(身長117cm以上)
○センター・オブ・ジ・アース(身長117cm以上)
○レイジングスピリッツ(身長117cm以上195cm以下)
○タワー・オブ・テラー(3歳以上、身長102cm以上)
○フランダーのフライングフィッシュコースター(3歳以上、身長90cm以上)

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る