【tdr1181】「マレフィセント」のメイクは“ある大物歌手”にインスパイアされたものだった?

2014年5月30日(日本では同年7月5日)に公開された日本で公開されたディズニーの実写映画「マレフィセント」

1959年のアニメ映画「眠れる森の美女」のヴィランズ“マレフィセント”のスピンオフ作品として制作され、タイトルであり主役の「マレフィセント」に女優アンジェリーナ・ジョリーを役に迎え、話題を集めた作品です。

さて、本作でアンジェリーナ・ジョリーが演じたマレフィセントの容姿は公開後すぐに注目を集めました。

それもそのはず、その見た目はアニメ「眠れる森の美女」に登場する姿そのものだったのです。

角を思わせるようなヘアスタイルにこけた頬、そして印象的な張り出た頬骨。

何処をどう見ても、一目で「マレフィセントだ!」と解る容姿に、「似過ぎ!」という称賛の声と、「痩せすぎじゃない?」という心配の声が集まりました。

頬骨が目立つほどにこけた頬を見れば、やつれたのではないかと心配するのも無理はありませんが、実際無理なダイエットをしたというわけではなく、彼女の頬をこけさせたのは、ある大物歌手をモチーフにした“特殊メイク”によるものでした。

その大物歌手というのが・・・奇抜なパフォーマンスで知られるアメリカの歌姫「レディー・ガガ」

特に2011年にリリースした「Born This Way」でのメイクにインスパイアされているとのこと。

「Born This Way」のミュージックビデオでは、マレフィセント同様、こけた頬に張り出た頬骨が印象的なレディー・ガガを確認することが出来ます。

参考動画:Lady Gaga – Born This Way
発信元 :LadyGagaVEVO
動画URL :https://youtu.be/wV1FrqwZyKw

見れば納得、ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る