【tdr1006】「ガジェットのゴーゴーコースター」のガジェットって何?

東京ディズニーランドのトゥーンタウンにあるアトラクション「ガジェットのゴーゴーコースター」

ディズニー短編アニメーション作品「チップとデールの大作戦」をモチーフにした小型ジェットコースターで、車体が小さい分、細かな動きが多い、低速なのに迫力あるアトラクションになっています。

さて、そんな「ガジェットのゴーゴーコースター」・・・この、名前にもなっているガジェットとは一体何のことか皆さんご存知でしょうか?

通常、ガジェットといえば、「道具、装置、仕掛け」のことを指す単語ですが、このアトラクションに付けられているガジェットはそういう意味ではありません。

これはモチーフにもなっている「チップとデールの大作戦」に登場するネズミの発明家の名前なのです。

実は、このアトラクションは“発明家ガジェット”がガラクタを再利用して開発したもの。そのため、アトラクションのところどころには空き缶や歯ブラシなどが組み込まれています。

ガラクタを無駄にせずに作り上げた小さなコースター。

自身の名前の意味に負けず劣らずの装置ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る