【tdr0265】半分だけ汚れたワゴンショップの驚きの秘密とは

東京ディズニーシーのテーマランド「ポートディスカバリー」

20世紀初頭に描かれた「架空の未来」をモチーフに作られたテーマランドで、「ストームライダー計画の研究成果を発表するために祭りを開催している」というバックグラウンドストーリーが存在します。

そんな「ポートディスカバリー」に、半分だけ汚れたワゴンショップがあるのはご存知ですか?

そのワゴンショップの名は「スカイウォッチャー・スーヴェニア」

正面向かって右半分は綺麗なのに、左半分はサビ汚れが目立つ一風変わったワゴンショップです。

何故半分だけ汚れているのか・・・これには「ポートディスカバリー」のバックグラウンドストーリーが関係していました。

実はこの「スカイウォッチャー・スーヴェニア」はストームに飲み込まれたことがある(と設定付けられている)のです。そして半分まで飲み込まれたところで「ストームライダー」が作動。

これによりストームが消失し、「スカイウォッチャー・スーヴェニア」は半分汚れたものの顕在している、というわけです。

テーマランドのバッググラウンドストーリーを活かした設定がワゴンショップにも適用されているとは・・・細かな演出も手を抜かない姿勢が伺えますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る