【tdr0222】フィクション界の長者番付を賑わす大物とは?

ニューヨークに本社を構える、世界有数の経済紙「フォーブス」

32もの国際版を持ち、毎年3月に発表される世界長者番付でお馴染みの雑誌です。マイクロソフト創設者であるビル・ゲイツ氏が1994~2006年もの間1位にランキング入りしたことで一躍注目され、この時期になると必ずテレビメディアで取り上げられますね。

さて、そんなフォーブスですが、「現実世界の経済」だけを取り上げるわけではありません。なんと、フィクションにおいても長者番付を制作しているのです。

その名「The Forbes Fictional 15」

2002年から始まり、2003年、2004年、2009年を除いて2013年現在に至るまで続けられている企画で、フィクション界の長者を徹底リサーチして15位までのランキングが作られるのですが、このリサーチ力が凄い。

実際の世界長者番付同様に金利・原油価格・金相場・不動産市場・などの動向を受け、その資産額とランキングが変動するという本格さなのです。

この徹底されたリサーチによって、あるディズニーキャラクターがこの長者番付の常連となっています。

そのキャラクターとは、ドナルドの伯父の「スクルージ・マクダック」。デビュー作が「スクルージ・マクダックとお金」という作品で、「お金を何よりも愛している世界一金持ちのアヒル」という設定なだけに、何となく頷ける結果です。

では一体何位にランキングしてきたのか、簡単にまとめてみました。

2002年:4位 82億ドル
2005年:6位 82億ドル
2006年:3位 109億ドル
2007年:1位 288億ドル
2008年:1位 291億ドル
2010年:2位 335億ドル
2011年:1位 441億ドル
2012年:(ランキング外/スクルージのライバルであるアヒルFlintheart Glomgoldが2位に)
2013年:1位 654億ドル

何故か2012年はランク入りしなかったものの、1位に4回もランキングしていますね。

しかも、着実に資産を増やしており、2013年の推定総資産額である654億ドルを日本円にすると約7兆1789億円。住む世界が違いすぎて現実味のない金額ですが、さすが「世界一金持ちのアヒル」です。所有する札番号を全て暗記し、倹約している成果なのかもしれません。

因みに現実の世界長者番付2013年度の1位であり、常連のビル・ゲイツの総資産額は760億ドル、日本円で約8兆3424億円。

数字の桁が多すぎて、フィクションであろうと現実であろうと夢のような話に聞こえてしまいますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る