【tdr0381】100万人の笑顔が芸術になった?

2008年、東京ディズニーランド25周年を記念して、ある壮大なアート作品がディズニーパークに飾られました。

その名も「アート・オブ・ミリオンスマイル」

タイトルとおり、100万人の笑顔を芸術作品にしました。

それは一体どんな作品だったのでしょうか。

ひとつひとつは何てことのないキャストの皆さんの写真なのですが、それを組み合わせて大きなイラストアートを描く「モザイクアート」を作り上げたのです。

タイトルにある100万人の笑顔とは、実はキャストの皆さんの笑顔。

一人または複数人で上半身のみを撮影した笑顔写真を組み合わせて、ミッキーマウスやミニーマウス、ドナルドダックにグーフィー、プルートと、ディズニーキャラクターを代表するビッグ5を中心としたイラストが描かれました。

これが不思議なことに遠くから見ると凹凸感のある、素敵なディズニーアートになるのです。

因みに、たくさんあるキャストの写真に混じってディズニーキャラクターが撮影された写真も混ざっていました。

ディズニーパークを作り上げる人たちの笑顔で作ったディズニーアートとは面白い演出ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る