【tdr0384】パスポートが無料配布された?

東京ディズニーリゾートではゲストがアトラクション等で楽しめない状況に陥るとお詫びとして代償となるものを用意します。

例えばアトラクションが緊急停止した場合や復旧する目途が立たない場合、陳謝の気持ちをこめてアトラクションの優先券(券指定のアトラクションに限る)が配布されることがあります。

この優先券の効力は「ファストパス」以上のもの。

嫌な思いをさせたからこそ、次は最優先で、という思いが込められているのです。

また、優先券以外にも驚きのものが配られたことがあります。

それは「パスポート」。もちろんタダで、です。

これもまた、パーク内における不測の事態に対するお詫びとして配られました。

2004年10月22日(金曜日)16時前のこと。

東京ディズニーシーで大規模な停電が発生したのです。

この停電が深刻なもので、なかなか復旧の目途が立たず、アトラクションが不能になった他、ショップやレストランも機能できない状態になってしまいました。

結局、その日は急遽閉園し、そのお詫びとして「1デーパスポート」を無料配布したのです。

パスポートを受け取らない方にはパスポート代を払い戻し、希望者に限り東京ディズニーランドへの無料入園をさせるなどの対応に追われました。

「停電」というツイていない事態に見舞われても、これだけの対応を見せられれば出てくる不満も最小限で済みますよね。

利益を度外視して真摯な対応をするからこそ、強い信頼を得られるのでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る