【tdr0373】カリブの海賊の急降下する回数は国によって違う?

大幅リニューアルした冒険型アトラクション「カリブの海賊」

オーディオアニマトロニクスで再現された海賊の世界をボート型フロート式ライドでめぐる冒険型アトラクション「カリブの海賊」

1983年4月15日、東京ディズニーランド開園と同時にオープンし、2007年07月20日に「パイレーツ・オブ・カリビアン」を取り入れた大幅リニューアルが行われ、お馴染みの「キャプテン・ジャック・スパロウ」や「キャプテン・へクター・バルボッサ」なども登場する、東京ディズニーランド内でも人気のあるアトラクションです。

さて、このアトラクション、絶叫系ではなく、あくまで「海賊の世界をめぐる冒険型アトラクション」なのですが、搭乗してすぐに一度だけ急降下します。

知らずにいると、少しドキッとするかもしれませんね。

ただ、これは「東京ディズニーランドのカリブの海賊」での話。

実はアナハイムの初代ディズニーランドは2度急降下します。

しかも、1度目の急降下後にすぐ、フェイントをかけるかのように2度目の急降下がくるという、少しいやらしい演出なのです。

東京ディズニーランド版で慣れていたら、尚のこと驚いてしまいそうです。

因みに、パリにあるディズニーランドパークも急降下はアナハイムと同じ2回。フロリダのマジックキングダムは東京ディズニーランドと同じ1回。

同じタイトルのアトラクションでも国によって違うのですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る