【tdr0049】ミッキーマウスの名付け親は誰?

今や知らぬ人がいない、とさえ言っても過言ではないほど世界的に有名になった「ミッキーマウス」。キャラクターを考案したのは「ウォルト・ディズニー」だということも有名な話かと思います。彼の高い演出能力によりミッキーマウスは魂を吹き込まれ、その演出や動きをアイワークスが描写することで、世界的人気者が生まれたのです。

さて、キャラクターを考えたのがウォルト・ディズニーなら、名前を考えたのもウォルト・ディズニーかと思うでしょうが、実は違います。

もともとウォルト・ディズニーは「モーティマー・マウス」という名前を用意していたのですが、これにウォルト・ディズニーの妻「リリアン」がダメだしをしたのです。

彼女は「モーティマー・マウス」という名前が「語呂が悪い」ことや、「気取っている感じがする」こと、「mortify(モーティファイ:悔しがる、恥をかくの動詞)の単語に似ている」ことを指摘し、猛反対しました。そのかわりに「ミッキーマウス」という名前を考え、名づけたのです。こうして我々の知る「ミッキーマウス」が生まれたわけですね。

ちなみに「モーティマー・マウス」という名前は結局ボツにはならず、2名のキャラクターに名付けられました。1人は「ミニーマウスのおじ」。【コミック・ストリップ】という漫画で牧場を所有する牧畜業者として登場しています。もう1人は「ミニーマウスの幼馴染」。【ミッキーのライバル大騒動】という短編映画で、ミッキーマウスの恋敵役で登場しています。

妻に反対されたとはいえ、「モーティマー」という名前をどうしても使いたかったのでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る