【tdr0380】撮影ミス?ジャック・スパロウの髪飾りが一瞬で変わる

ジョニー・デップ主演映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」

2003年に公開された「呪われた海賊たち」以降、大人気シリーズとして4部まで公開されています。

2015年か2016年に公開予定の5作目の完成が待ち遠しいですが、今回は、そんな人気シリーズである「パイレーツ・オブ・カリビアン」の4作目である「生命の泉」の話。

実は作中で、「ジャック・スパロウ」の髪飾りの位置がコロコロ変わるシーンがあるのです。

「ジャック・スパロウ」と言えば、髪にジャラジャラと髪飾りをつけていますよね。

右耳側に羽根、左耳側に数珠つなぎされたアクセサリをつけ、額の赤いバンダナの上には、左側に骨と木と金属が組み合わされた数珠つなぎの髪飾りがぶら下がり、右側には何かの骨がかかっています。

この赤いバンダナの上の髪飾りの位置が、とあるシーンでコロコロ変わるのです。

それはジャックが元恋人であるアンジェリカに眠らされるシーン。

「アン女王の復讐号」の船内で眠るジャックの顔が画面に映りますが、ここでは数珠つなぎの髪飾りが左、骨が右にあります。

次にジャックがハンモックから落ちて目覚めるシーン。

ここでは、数珠つなぎの髪飾りが右、骨が左になっています。

一瞬にして逆になってしまいました。

そして、その後のカットで、髪飾りが左、骨が右に戻り、以降その位置が変わることはありませんでした。

間のカットだけ髪飾りが反対になってしまったのは、メイク直しや別日の撮影などの要因が考えられますが、こんなケアレスミスをすることがあるのですね。

ただ見ているだけで面白い「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズですが、こういった小さな発見をするのも面白いですよ。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る