【tdr1578】映画「トイ・ストーリー」でシドに爆破される玩具は「G.I.ジョー」の予定だった?

1995年11月22日(日本では1996年3月23日)に公開されたピクサー初の長編アニメ映画にして、大ヒット映画となった「トイ・ストーリー」

ウッディとバズを筆頭に数々の玩具たちが活躍する物語に子供のみならず、大人のファンも多く作った名作ですね。

さて、本作の敵役といえば、“おもちゃ殺し”の異名を持つ“シド・フィリップス”

玩具を傷付けたり、改造したりと、玩具にとっては悪魔のような存在である彼は、作中、通販で手に入れた花火を玩具に括りつけ、「コンバット・カール」というミリタリー服を着た軍人の人形を木端微塵にしています。

が、実は元々、シドの餌食になるのは「コンバット・カール」ではありませんでした。

ピクサーが本来、木端微塵にしようとしていたのは・・・。

アメリカの玩具メーカー「ハズブロ」が販売している男児向けのミリタリー人形「G.I.ジョー」

ピクサー側はハズブロ社に出演許可の打診をしたものの、「爆破するなら許可できない」と却下されました。

自分の会社の主力商品を爆破させたくはありませんから、当然の結果ですね。

ちなみに同じハズブロ社の玩具「Mr.ポテトヘッド」の出演許可もなかなか下りなかったとか。

今となってはトイ・ストーリーに欠かせないキャラクターも、出演までには様々な苦労があったのですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る