【tdr0978】キャストが「わかりません」を言わない秘密

「神対応!」と崇められるほど徹底したサービスでゲストからの信頼も厚いキャストたち。

どんなことでも臨機応変、迅速に対応し、ゲストからの質問には「わかりません」と答えることのないように努めています。

・・・とはいえ、人間ですから知らぬ存ぜぬこともあるはず。

もしくは知っていたけど、うっかり忘れてしまった、情報をチェックし忘れた・・・なんてこと、日常生活ではよくあることかと思います。

そのようなときでも、キャストたちは「わかりません」と即答することがありません。

これは一体どういうことなのでしょうか?

実際にわからなくても、キャストが「わかりません」と答えないのには“からくり”があります。

そのからくりというのが「フラッシュ3333」と呼ばれる内線番号です。

これはキャストが困ったときにオペレーターに連絡をする内線番号で、キャストが答えられないような質問を訊ねられたときなどに連絡し、その質問内容をオペレーターが即座に調査することで多くの質問などに対応できるようになっているのです。

こうした企業努力があるからこそ、ゲストはキャストたちを信頼し、安心して夢の国を楽しめる訳ですね。

努力を惜しまない、サービスに手を抜かない姿勢は流石です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る