【tdr0841】東京ディズニーリゾートの緑は殆どが常緑樹?

美しい緑が彩る夢の国、東京ディズニーリゾート。

数百にも及ぶ植物たちは専門キャストによって管理されており、葉が落ちる冬の季節が来ても青々とした緑を眺めることが出来ます。

まるで魔法が掛けられているかのようですが、何故このようなことが出来るのでしょうか?

実はパーク内に植えられている緑の殆どが常緑樹で、葉が落ちることがないのです。

年間を通して葉をつけているため、季節によって寂しい姿になることもなく、掃除の手間もありません。

逆に葉が落ちる落葉樹はあまり植えられていません。

葉が落ちてしまうと、どうしても物足りない感じになり、見た目が悪くなってしまいます。

また、枯れ葉の掃除にかかるコストも馬鹿になりません。

こうした理由から、ディズニーリゾートでは常緑樹を好み、管理しているのですね。

因みに、パーク内には落葉樹が全くない訳ではありません。

どれが落葉樹で、どれが常緑樹か、皆さんもプラントハンティングしてみてはいかがですか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る