【tdr0816】ミッキーマウスとプーさんは共演NG?

ディズニーのスーパースター「ミッキーマウス」と同じくらいの人気を誇るキャラクター「くまのプーさん」

丸っこいフォルムに愛らしい表情、まったりした声と、見ているだけで癒されるキャラクターですが、実はミッキーマウスとの共演がNGだって知っていましたか?

人気者同士ですから、協力し合えば、相乗効果でもっと盛り上がりそうな気がしますが、パレードで同じフロートに乗ることもありませんし、グッズの中ですら共演することがありません。

それは一体何故なのでしょうか?

その理由は・・・「プーさんの権利はディズニーではなく、ステファン・スレンジャー社が握っているから」

1930年、ステファン・スレンジャーがアメリカ・カナダにおける「プーさん」グッズの制作や翻案(ほんあん)、広告などに関する商品化権を、1,000ドルの前払いと売り上げの66パーセントを支払う契約で購入。その後30年間プーさんグッズを販売し続けていました。

そして1961年、ウォルト・ディズニー社が、ステファンの死後、権利を保持していた妻の「シャーレイ・レンジャー」と原作者ミルンの妻「ダフネ・ミルン」を相手に「プーさん」の映像化権や商標使用権などといった使用許可契約を結び、アニメーション制作が開始されたのです。

こうした理由から、今もプーさんの使用料をステファン・スレンジャー社に払っており、その使用料の計算を明確にするためにミッキーマウスは勿論、他ディズニーキャラクターとの共演をNGにしているのです。

共演すると計算が面倒になってしまうのでは仕方ありませんね。それでもいつか、肩を並べて共演している姿を見てみたいものですね。

※翻案(ほんあん)・・・前にだれかがした事柄の大筋をまね、細かい点を造り変えること。特に小説・戯曲などについて言う。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る