【tdr0300】東京ディズニーリゾートに設置されているエアダクトはかなり高価で高性能

建築物内の空調や換気、排煙のために設けられるエアダクト。

どこの施設にも見受けられる設備ですよね。

当然、夢の国である東京ディズニーリゾートの各施設にも設置されています。

特にレストランなどの飲食店においては、換気と空調は絶対的に必要な設備。店内が常に脂臭い、あるいは煙たい飲食店なんて嫌ですよね。常に換気し、空調を整えることでストレスなく食事ができるというものです。

さて、そんなエアダクトですが、日数がたてば当然清掃、メンテナンスしなければなりません。これがかなりの重労働で、中のフィルターも定期的に取り換える必要が出てきます。

それを東京ディズニーリゾートのような巨大テーマパーク内すべて行うとなると、大変の言葉では片づけられませんし、かかるコストは莫大です。

これらの手間とコストをカットするため、東京ディズニーリゾートでは自動洗浄機能と自動消火機能を持つ高性能なアメリカ製エアダクトを設置しています。

高性能ともなると当然その価格も高額で、従来の日本製のもののおよそ3倍。

そんな高額なエアダクトを東京ディズニーリゾート内の飲食店に設置するとなれば、設置費用はおのずと高額になってしまいますが、これは一種の初期投資で、後々かかる清掃コストを踏まえると十分に元を取れるそうです。

快適な環境のためには妥協しない、一流のテーマパークたる理由が伺えますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る