【tdr1126】意外と知らない?ファストパスの2時間縛りルール

1126

並ばずに効率よくアトラクションを楽しむために欠かせない「ファストパス」

人気アトラクションのファストパスともなれば発券するにも一苦労しますが、それでもあるのとないのとでは天と地の差。

好きなアトラクションを確実に楽しむためにも必ずゲットしたい物ですよね。

さて、そんなファストパスには“2枚目を発券する際のルール”が存在します。

ディズニー初心者は知らない方も多いかと思いますが、何らかのアトラクションのファストパス発券後、他アトラクションのファストパスを発券するには一定の時間を要するのです。

発券から利用時間が2時間以上ある場合、2枚目は1枚目発券から2時間後に発券することが出来る。

例:発券時間10:00
  利用時間13:00~14:00

この場合、発券から利用時間まで3時間あいているため、2枚目発券は発券時間から2時間後の12:00からとなる。

※ただし、「プーさんのハニーハント」で2枚目を発券する場合は、利用時間に入ってからでなければ発券することができない。

発券から利用時間が2時間以内の場合、利用時間に入ったら2枚目を発券することができる。

例:発券時間10:00
  利用時間11:00~12:00

この場合、発券から利用時間まで2時間以内になるため、2枚目発券は利用時間の11:00からとなる。

ちなみにファストパスを効率よく、短時間で利用するには開園から間もない時間がベスト。朝早い時間は発券から利用時間までの間が短いため、比較的早く2枚目を発券することができます。

ファストパスを利用する際は混雑具合を確認しつつ、計画的に取って無駄な時間を過ごさないようにしましょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る