【tdr0840】オープン前、ディズニーシーでペンギンを飼う案が出されていた?

2001年9月4日、「さあ、冒険とイマジネーションの海へ」というキャッチコピーを引き下げてオープンした「東京ディズニーシー」

世界で初めて海をテーマにしたディズニーパークとして、そのパーク構想にはディズニー社は勿論、管理運営するオリエンタルランド社のクリエイティブメンバーも参加し、幾度もの話し合いの場が設けられました。

さて、世界初のテーマパークということで、新しい試みとなる案が多くあがる中、今では信じられないことに「本物のペンギンを飼う」という案もあがりました。

テーマが海ですから、海の生き物を・・・ということだったのですが、思案した結果、あることを理由に採用されませんでした。

一体、どんな理由で採用しなかったのでしょうか?

その理由は、「日本人は“生きた動物”より“夢の世界”を求めている」と結論づいたため。

『現実の世界にいる動物は夢の世界に必要ない』との考えに至ったのです。

構想に参加していたオリエンタルランド社のメンバーが日本人の感覚を代表して伝えたからこそ、こうした結果が生まれたのでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る