【tdr1541】隠れミッキーが消えた!?長期リハブ(Refurbishment)後の「カリブの海賊」何処が変わったの?

東京ディズニーランド開園当初からある人気アトラクション「カリブの海賊」

2007年には大幅なリニューアルが施され、「パイレーツ・オブ・カリビアン」仕様になったのは記憶に新しいですね。

さて、そんな「カリブの海賊」ですが、2016年2月9日から4月28日までの間“定期メンテナンス”のためにクローズしていました。

クローズ中はアトラクションの外観が描かれた作業幕で覆われ、約2カ月間リハブ(故障や不具合などのメンテナンス・リハビリ)が行われた「カリブの海賊」

一体何処が変わったのでしょうか。

外装・内装・プロップスが綺麗に

レンガの塗装や床、柱、天井、バトー(ボート)などが修繕され、綺麗になりました。

ライド内の照明が減る

ライドコースに設置されていた照明がなくなり、海賊たちへのライトアップが明るくなりました。

音響スピーカー増加

銃撃戦シーンの音響スピーカーが増設され、近距離で銃声が聞こえるようになり、かなりリアルでクリアな立体音響となりました。

鍵犬が新しくなる

牢屋の前で鍵を咥えている犬が新しくなりました。

隠れミッキーが消える

「カリブの海賊」唯一と言われていた、アステカ金貨に紛れていたミッキー金貨(隠れミッキー)がなくなりました。これは残念。

今回のリハブで様々な変更がされましたが、その中でも隠れミッキーが消えたことにショックを受けているゲストは多くいるようです。

他の場所に別の隠れミッキーが増えている・・・かもしれませんので、新情報は要チェックですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る