【tdr0646】東京ディズニーランドのテーマランドの配置には驚きの法則がある?

夢の国「東京ディズニーランド」には、それぞれのテーマに合わせた世界「テーマランド」が7つ存在します。

7つのテーマランドは、シンボルであるシンデレラ城を囲うように展開していますが、実はこの並びには驚きの法則がある、とネット上で話題になりました。

7つのテーマランドを写真で見ると、上記のように配置されています。

よく、ご覧ください。何か気付きましたか?

実は東西が未来・過去に、南北が現実・夢になっているのです。

まずは東西に注目してください。

東側には近未来をイメージした「トゥモローランド」があるのに対し、西側には西部開拓時代をイメージした「ウエスタンランド」があります。

まさに相反する時代設定が東西に分かれているのが解りますね。

そして次に南北を見てください。

南側には現実の入り口「メインエントランス」とウォルト・ディズニーの故郷をモチーフにした古いアメリカの街並み「ワールドバザール」があり、北側にはメルヘン色が強い「ファンタジーランド」があります。

これもまた、相反する世界観といえるでしょう。

ディズニーが公式に発表した法則ではないので憶測でしかありませんが、相反するテーマランドを隣接しないように配慮した結果なのかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る