【tdr1399】「ズートピア」本編中に潜む“隠れミッキー”

アメリカでは2016年3月6日、日本では2016年4月23日に公開されたディズニー映画「ズートピア」

ディズニー映画としては「アナと雪の女王」に続く、興行収入10億ドルを突破した大ヒット作ですが面白いのはストーリーだけではありません。本作にもディズニー映画らしい隠れ要素が沢山あるのです。

今回ご紹介するのは本編中に登場する“隠れミッキー”。

1:クロウハウザーの模様
警察の受付クロウハウザーの右こめかみ付近の模様がミッキーシェイプになっています。

2:カバが持つペンのノック部分
警察署内で上官のカバが持つペンのノック部分がミッキーシェイプになっています。

3:レインフォレスト地区の柵
黒豹マンチャスとの戦闘シーンに映る柵に打ちつけられた鋲がミッキーシェイプになっています。

4:ベビーカーの荷物入れ
ニックがベビーカーを押して歩くシーン。ベビーカーを押すカバとすれ違うのですが、そのカバのベビーカーの荷物入れにミッキーマウスのぬいぐるみが入っています。

5:シリアルの中
受付クロウハウザーが食べているシリアルにミッキーシェイプ型のシリアルが混ざっています。

6:ネックレスとシャツ
ベルウェザー副市長の水玉柄のシャツとネックレスの丸い部分が重なってミッキーシェイプになっています。

7:車のデジタル時計の横
マンチャスの回想シーンに登場する車内、デジタル時計横にミッキーシェイプの表示があります。

本作中に登場するのは確認できているものだけで7個。これだけ潜ませるとは、ついつい隠れミッキー探しに夢中になってしまいますね。

ちなみに、隠れミッキーならぬ、“隠れオズワルド”も登場しています。

廃車になった客車の壁に落書きされているので、こちらもチェックしてみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る