【tdr1407】「アーロと少年」はピクサー初同年公開の軸になる作品だった

ピクサー・アニメーション・スタジオが制作する長編映画16作目として公開された「アーロと少年」

アメリカでは2015年11月25日、日本では2016年3月12日に公開されたのですが、実はこの公開日にピクサー初の試みがありました。

それが・・・同年2作品公開。

実は、アメリカで公開された2015年には15作目の「インサイド・ヘッド」がアメリカで公開されており、日本で公開された2016年には17作目の「ファインディング・ドリー」が公開されているのです。

以下、公開日を見ていただけるとお分かりの通り・・・

_________________________________アメリカ_________日 本
15作目 インサイド・ヘッド    2015年 6月19日  2015年 7月18日
16作目 アーロと少年       2015年11月25日  2016年 3月12日
17作目 ファインディング・ドリー 2016年 6月17日  2016年 7月16日

アメリカでは15作目と16作目が2015年公開、日本では16作目と17作目が2016年公開となっています。ピクサー作品が1年に2作品も公開されるというのは、アメリカでも日本でもこれが初めてのこと。

しかも、どちらも半年以内というから驚きです。

ピクサーファンには嬉しい連続公開。しかし、いいものを作るためには時間も必要。

無理せず、時間をかけていい作品をこれからも提供して欲しいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る