【tdr1398】『ズートピア』のパロディーポスターが神ってる!?

アメリカでは2016年3月6日、日本では2016年4月23日に公開されたディズニー映画「ズートピア」

その本編には隠れミッキーや隠れディズニー、ディズニーパロディーやその他映画・ドラマのパロディーなど“隠し要素”が盛り沢山の内容となり、ディズニーファンを楽しませてくれましたが、実は映画公開前からユーモラスなパロディーでファンを楽しませてくれていました。

第一弾パロディーポスターが公開されたのは、映画ポスター公開と同日。

動物世界での映画ポスターはどのようなものなのか、というテーマで現実世界の映画ポスターを真似たポスターが公開されました。

1:スター・ウォーズ/フォースの覚醒
レイがライトセイバーを持っているポスターが、ジュディにすり替え。

2:ジュラシック・ワールド
恐竜ではなくキリン(Giraffe)の骨格がタイトルロゴになり、タイトルが「GIRAFFIC WORLD」へ。

3:シンデレラ
ガラスの靴が象(Elephant)サイズになり、タイトルが「CINDERELEPHANT」へ・・・。

4:エクス・マキナ
近未来的な女性型ロボット「エヴァ」に替わり本編に登場したヤックスが描かれ、タイトルが「ex yakina」へ。

5:ストレイト・アウタ・コンプトン
本編に登場したオッタートンにかけて、デザインそのまま「STRAIGHT OTTER ZOOTOPIA」に。

6:FIFTY SHADES OF GREY
スーツの男性に替わり本編に登場したレミングが描かれ、タイトルが「FIFTY SHADES OF PREY」に。上記の「MR.GREY WILL SEE YOU NOW」は「MR.LEMMING WILL SEE YOU NOW」へ。

以上6種類のパロディーポスターを排出し話題を集めた後、今度はアカデミー賞ノミネート映画のポスターをパロディー化しました。

7:マッド・マックス 怒りのデスロード
ヤックスが大きく描かれ、タイトルが「MAD YAX FURRY ROAD」へ。

8:レヴェナント 蘇りし者
ディカプリオの替わりにシロクマが描かれ、タイトルが「THE BERNANT」へ。

9:スティーブ・ジョブズ
ジョブズ姿のタヌキが描かれ、タイトルが「steve paws」へ。

10:ブリッジ・オブ・スパイ
トム・ハンクスの替わりにナマケモノのフラッシュが描かれ、タイトルが「BRIGE OF SLOTHS」へ。

11:マネー・ショート 華麗なる大逆転
矢印の枠内に収まった4人の俳優全てがトガリネズミのミスター・ビッグに替わり、「THE BIG SHORT」から「MR. BIG SHORT」へ。

一見、本物と見間違えそうになるほど精巧につくられたパロディーポスター。どれもこれも秀逸の出来栄えでディズニーファンのみならず、注目を集めました。

こうした遊び心あふれるマーケティングはディズニーらしいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る