【tdr1421】“タワー・オブ・テラー”のハイタワー三世にはモデルがいた?

東京ディズニーシー史上最恐のアトラクション「タワー・オブ・テラー」

そのバックグラウンドストーリーに登場するホテルのオーナー「ハリソン・ハイタワー三世」には実はモデルが存在します。

その人物とはディズニーのイマジニア「ジョー・ロード」

ウォルト・ディズニー・ワールドのアニマル・キングダムやハワイにあるアウラニのリードデザイナーとして知られる人物です。

ジョー・ロードはハイタワー三世とは違い、人のよさそうな優しい表情をしていますが、その顔立ちはモデルというだけあってハイタワー三世にそっくり。

因みに、世界各国で骨とう品や美術品を収集していたハイタワー三世のように、ジョー・ロードも世界各国で収集しているものがあります。

それは「リングピアス」

何十年にもわたって収集したピアスは、左耳に開けられた大きなピアスホールに付けられており、その重みで耳たぶが垂れ下がっています。

見た目だけでなく、収集趣味まで似た人物がいるとは意外ですよね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る