【tdr0979】ミッキーのフィルハーマジックは元々福岡でオープンする予定だった?

ミッキーが指揮する壮大なオーケストラと、様々なディズニー映画の世界を巡る3D映像、嗅覚や触覚を刺激する特殊効果で、臨場感あふれるシアター型アトラクション「ミッキーノフィルハーマジック」

2011年1月24日、東京ディズニーランドのファンタジーランドにオープンし、いまや人気のアトラクションの一つとして知られていますが、元々は東京ディズニーランドでオープンする予定ではありませんでした。

なんと「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」に次ぐ“第3のディズニーパーク”のアトラクションとしてオープンする予定だったのです。

実は、日本では過去に“第3のディズニーパーク”として屋内型娯楽施設を建設する計画が進められていました。

そして2008年、オリエンタルランドは全国の候補地の中から福岡市博多区を建設地に内定したのですが・・・その数ヶ月後、採算が見込めず、事業性を見出すことが困難として計画そのものが中止。

これにより、行き場をなくした「ミッキーのフィルハーマジック」が東京ディズニーランドでオープンしたのです。

もし、この計画が中止されなかったら、「ミッキーのフィルハーマジック」を東京ディズニーランドで楽しむことはできなかった・・・と考えると、何だか感慨深いですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る