【tdr0980】東京ディズニーシーで一番アトラクションが多いのは何処?

2001年に開園し、ディズニーランドにはない魅力的なアトラクションでゲストを楽しませてきた東京ディズニーシー。

シーの顔というような定番アトラクションもあれば、新しく加わったアトラクションなど、テーマポートごとに合わせたアトラクションの数々で溢れています。

といっても、そのアトラクション数はテーマポートごとにバラバラで、少ないところではたったの2つ、多いところでは7つと差があります。

では、最もアトラクションの数が多いテーマポートは一体どこなのでしょうか・・・?

東京ディズニーシーで一番アトラクションが多いテーマポート・・・それはパーク中央付近に位置する「マーメイドラグーン」です。

面積的に見て、そこまで広いテーマポートではないのに一番アトラクション数が多いとは何だが意外ですが、他テーマポートのように大きなアトラクションが無いことが関係しているのでしょう。

因みに、テーマポート別アトラクション数は以下の通り。

【テーマランド名:アトラクション数】
ミステリアスアイランド   :2
メディテレーニアンハーバー :3
ポートディスカバリー    :3
ロストリバーデルタ     :3
アラビアンコースト     :4
アメリカンウォーターフロント:6
マーメイドラグーン     :7
(2015年11月現在)

アメリカンウォーターフロントは面積が広いので二番目にアトラクション数が多く、一番少ないのは面積の狭いミステリアスアイランドとなりました。

水面積が広いこともあり、全体的に見ると東京ディズニーランドよりもアトラクション数が少ない東京ディズニーシー。

しかし、今後アトラクション数は増え・・・

2017年春には映画「ファインディング・ニモ」「ファインディング・ドリー(原題)」の世界を舞台とした新アトラクションがポートディスカバリーにオープン予定で、2017年以降には映画「アナと雪の女王」のエリアを含んだ「北欧」がテーマの新テーマポートがオープンする予定です。

新アトラクションのオープン日が今から楽しみですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る