【tdr1189】東京ディズニーリゾートのファンクラブと新しい福利厚生プログラム

2004年11月18日、ミッキーの誕生日に発足された東京ディズニーリゾート・オフィシャルパークファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」

入会費は無料、年会費3,240円で年4回の会員報、毎年年末にスペシャルグッズ(カレンダー)が届くほか、メンバーだけが買える限定グッズやメンバーだけの限定プランなど、様々な特典を受けられるようになる内容となっています。

さて、「ファンダフル・ディズニー」は東京ディズニーリゾート・オフィシャルパークファンクラブとして誰でも入会することが出来ますが、一方で“条件を満たさなければ入会できない会員制クラブ”も存在していました。

その会員制クラブとは・・・「マジックキングダムクラブ」

加入している企業・団体の従業員、職員、更にはその家族がディズニーの対象施設を特別価格で利用できるもので、正社員500名以上の企業・団体が加入することができ、1デーパスポートやホテルの客室料金、イクスピアリの対象店舗での買い物やシネマイクスピアリの料金が割り引かれるサービスが受けられたのですが・・・

この「マジックキングダムクラブ」は2016年3月31日をもってサービスを終了。

新たに「東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラム」という契約企業・団体の従業員や職員が東京ディズニーリゾートの対象施設などを特別料金で利用できる福利厚生プログラムが開始され、パスポートの割引や限定パーティーへの参加などといったサービスを受けられるようになりました。

詳しくはコチラ:『東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラム』

自身あるいは家族が所属する企業や団体が「東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラム」に加入している場合は、そちらを大いに利用し、加入していない場合は「ファンダフル・ディズニー」への入会を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る