【tdr0838】ジョニー・デップが受け取った「パイレーツ・オブ・カリビアン」4作目のギャラ

2017年には最新作となる5作目公開が決まり、まだまだ人気の衰えない「パイレーツ・オブ・カリビアン」

そんな大人気作の主役「ジャック・スパロウ」を演じている「ジョニー・デップ」は、一体どれくらいの出演料をもらっているのでしょうか?

2011年公開されたにシリーズ4作目となる「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」での彼の出演料は・・・約5,550万ドル。

2009年11月15日に受け取ったと言われており、当時のレートで日本円に置き換えると、ざっと50億円以上の金額になります。

いくら人気シリーズで、名優とはいえ、あまりにも高額な気がしますが、これには取引的な意味合いがあったと言われています。

実は2009年9月にジョニーが信頼するディズニー・スタジオ会長のディック・クックが辞任したことを受け、ジョニーが次回作に出演しない可能性が浮上したのです。

そこで、この高額な報酬を提示し、どうにか出演が決定したと言われていますが、真相は定かではありません。

どちらにしても庶民には実感の湧かない金額ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る