【tdr1444】ダース・モールが一回だけ瞬きをしたシーンとは

1999年に公開の映画「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」に登場したシスの暗黒卿“ダース・モール”。

角の生えた頭部に、顔を含む全身が赤と黒の入れ墨で覆われた、見た目のインパクトが抜群の人物ですが、実は彼、作中で1回しか“瞬きをしていない”のです。

ダース・モールと言えば、黄色がかった力強い目が印象的ですが、それもそのはず作中彼は一回しか瞬きをしませんでした。

その貴重な一回が・・・彼が倒れされるシーンです。

クワイ=ガン・ジンのライトセイバーを使ってオビ=ワンがダース・モールの胴を両断したとき、そのとき初めて瞬きをしました。

瞬きなので、ほんの一瞬のシーンではあるものの、他は瞬きをしなかったダース・モールだからこそ深みのある演技シーンとも言えます。

本作を観る際は是非、ダース・モールの瞬きをチェックしてみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る