【tdr1443】「スティッチ・エンカウンター」がオープン半年後に廃止したものとは?

2015年7月17日、東京ディズニーランドのトゥモローランドにオープンしたアトラクション「スティッチ・エンカウンター」

東京ディズニーシーの「タートルートーク」同様、ゲストとトークして楽しむ対話型アトラクションです。

人気のアトラクション「タートル・トーク」のスティッチ版、ということもあって、オープン早々人気アトラクションとなった「スティッチ・エンカウンター」ですが、オープンからわずか半年後に“あるもの”が無くなってしまいました。

その“あるもの”とは「ファストパス」

2015年7月17日から2016年1月31日までの約半年間にわたり、ファストパスが導入されていたのです。

実は、「スティッチ・エンカウンター」のファストパスは元々“期間限定”のものでした。

そして2016年2月2日から「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のスペシャル版が運営されることもあり、この時期にファストパスを廃止としたようです。

オープン直後に比べれば落ち着いてきた「スティッチ・エンカウンター」ですが、開園直後や土日はやはり混みがち。

もし、空いている時間に遊びに行きたいのなら、待ち時間が短めな午後に行くと良いでしょう。特に19時以降はかなり短くなるので狙い目です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る